欠かせない道具たちの紹介

更新日:3月29日


美術品の取り扱い事業、展示・撤去作業で欠かせない、よく使用する道具についてご紹介します。



〇軍手…作品が入った箱などを持つ時に使います。


〇ニトリル手袋…作品そのものを触るときに使います。


〇電動ドリル…壁に金具を付ける際にビスを打つのに使います。


〇カッター…作品梱包の際に梱包材(茶紙や薄葉紙、エアキャップ、板ダン)などを切る時に使います。


〇メジャー…作品の大きさを測ったり、作品を取り付ける金具の場所を測ったりするのに使います。



~作品展示の手順~

作品の展示場所(壁のどの位置、高さはどのくらいか)が決まると金具どの位置に来るのかを測り、壁に取り付けます。金具が付いたら作品を掛けていきます。


実際の作業風景の写真と共に事例紹介をしている記事はこちら


#美術品取り扱い #展示 #撤去 #作業風景 #使用道具

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示