弊社で制作した猫に関する読み物です。タイトルと絵をクリックすると各ページに遷移します。ぜひ感想などSNSでコメントください!

2HPバナー.jpg

株式会社シャイン・フューチャー/PERHAPS・GOJIAIプロジェクトはここから始まりました。

日常を壊す出来事は許せない。天災であれ、疫病であれ、ましてや戦争などの人災は、いったい誰が悪いのでしょうか。経験のない私には『はかりしれない』出来事でしかありません。

コロナが世間を騒がせ始めた2020年の春、私は認知症の母と同居していました。ちょうどその頃、文章など書いたことがなかった私ですが『おばあちゃんが天国に行く時は、ぼくもついて行くからね。』という物語をなぜか書きたくなり、母が寝た後の時間を使って思いを綴り始めました。

認知症になった母を気遣ってくれていた近所のご婦人がある夏の暑い夜に熱中症で亡くなったこと。そして、その悲しい出来事が理解できないでいる母。そんなご婦人と母を目の当たりにして、老いる事の切なさや悲しさ そして悔しさ、いろいろな感情がこみ上げてきました。お年寄りが孤独を感じたとき、孤独を癒してくれる賢いネコちゃんがいたらいいのに。母がよく口にしていた戦争中でも楽しかった家族との日々が平和な時代に再び訪れたらいいのに。そんな願いを込めて文章を書いたことを思い出します。

もう一つのお話は、当社の非常勤広報部員のジャックを主役にした物語。うちの子(ネコちゃん)は自分のことを人間だと思っているのかな?そんなことを一瞬でも感じたことがある飼い主さんは意外と多いのではないでしょうか。それはまさに親猫バカ!かもしれません。でもジャックンはぼくの大親友です。

これからもSNSを通して、“いろいろな思い”を自分なりに発信していきたいと思っています。

どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

 

株式会社シャイン・フューチャー

取締役副社長 小林 敏之

​作者SNSはこちら

  • Instagram
  • Facebook
1.jpg

​ジャックンはネコだったの?

~自分をネコだと思っていない よくあるネコのお話~